自然と繋がるライフスタイル

食材

熊も大好物 根曲がり竹

旬の竹と書いて筍(たけのこ)。

その字のとおり、時期を逃すとすぐに伸びて、あっという間に硬い竹へと成長します。

筍といえば、大きく太い孟宗竹が有名ですが、秋田では、山の中に育つ細く小柄な筍のことを指すのが一般的。

姫竹とも呼ばれるこの筍は、根元が土から曲がって生える姿から、根曲がり竹と呼ばれています。

毎年お馴染みのはずの地元の方でも、旬の時期に大量に収穫して、缶詰にしてしまうほど人気の高い山菜で、その美味しさと栄養価の高さには、熊も太鼓判を押しています。

林道を歩いていても、細い竹はたくさん見つかるのですが、その多くは笹竹という別のもの。

根曲がり竹は、標高の高い山の奥でしか見つかりません。

山道から外れて藪の中を奥へ奥へと入っていく必要があり、危険も伴う上級者向けの山菜と言えるでしょう。

藪の中は迷いやすく視界も悪いため、熊との遭遇に特に気をつけなければいけません。

不安と期待を胸に、かき分けかき分け入っていき、根曲がりだけがわっと生えているポイントを見つけた時は、もう泣いて喜びます。

生でも美味しい、調理しても美味しい、水煮にしても美味しい。

美味しいことが確定していて、収穫の時から既に美味しい根曲がりだけ。

採れたてに生でかじりつくのが筍採りの醍醐味です。

大きいものほど良いと思われがちですが、一番美味しいのは、土から少し顔を出しているくらいの、短く太く、ピンク色のもの。

今年もそんなたけのこに出逢いに、おじいちゃんたちと山に入ります。

見つけやすさ度

★☆☆☆☆

ブナやミズナラ林の林床に生えるチシマザサの藪の中を探します。美味しいものを見つけるためには奥へと進む必要があります。

見分けやすさ度

★★★★★

見つけ出すのは一苦労ですが、見分けること自体は簡単です。土に隠れている部分が多く、短く、太く、根元がピンク色のものを選びましょう。

下処理の手間

★★☆☆☆

アクはほとんどないためアク抜きは必要ありません。気になる場合は、皮ごと米のとぎ汁で茹でて水にさらし、皮を剥きます。皮は、包丁で切り込みを入れ、切り残した部分を下に引っ張って剥ぎ取った後、剥ぎ口から残りの皮を開くようにして取り除くと簡単にむけます。

味のクセ

★★☆☆☆

春特有の苦味が感じられる時もありますが、クセは強くなく、爽やかな筍の味を楽しめます。

味への信頼度

★★★★★★★★★★

時期

5〜6月

秋田での呼ばれ方

根曲がり竹

栄養価

ビタミンB・C・K、食物繊維、カルシウム、カリウムなどが豊富

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
なつの

なつの

ひなたエキス田沢湖店店長

最近、秋田県の田沢湖に移住してきて、小さな家を借りて田舎暮らしを始めました。自然に囲まれた毎日の生活がとても楽しくで、すっかり田沢湖がお気に入りです。湖と山がとても近くにあるので、色々な自然体験に挑戦中です!

  1. 山菜初心者の味方 こごみ

  2. 春の訪れと共に芽吹く  ふきのとう

  3. 手間のかかる子ほど可愛い ぜんまい

カテゴリー

RELATED

PAGE TOP

ひなたエキス

ひなたエキスをご購入はこちらから
オンラインストア