自然と繋がるライフスタイル

お出かけ

私の休日、田沢湖でホッと一息。

田沢湖に引っ越してきてから、もうすぐひと月が経つ。

その間に見つけたお気に入りは、田沢湖畔でぼーっと過ごすこと。

仕事の昼休み、仕事が早く終わった夕暮れ時、お休みの日の朝、星が綺麗な夜。

時間を見つけては、田沢湖畔に車を走らせる。

東屋に行くこともあるし、砂浜の岩に腰をおろすこともある。

どんな服を着ていても座れるように、小さなレジャーシートを持ち歩くようになった。

座る場所を見つけたら、準備完了。あとはただただ、空と、湖面に映る山並みを眺めるだけ。

普段は、きっと無意識に色々なことに捉われてしまっているのだと思う。

1日の段取りだったり、その日あったことへの後悔だったり、明日への不安だったり。

綺麗な景色を眺めていても、どこかそわそわしていて、手がついケータイを触ろうとしたりする。

そうなることは目に見えているから、ケータイは車に置いてきた。

その空間に少しずつ自分を馴染ませていくように、ゆっくりと呼吸を繰り返していると、段々と景色が見えるようになってきた。

油絵の具で描いたようにもくもくと厚みのある雲。

歩道には赤黒いベリーのような実が沢山落ちている。

水は透き通っていて、濃淡が少しずつ違う水色が、何層にも重なってマーブルのように混ざり合っている。

湖の底から、時々何かが浮き上がって、凪いだ湖面に波紋を作っては消えていく。

誰かの話し声も聞こえてきた。

見渡すと、右手側の遠くではお揃いの半袖を着た老夫婦が、犬を連れて同じように湖畔に座っていて、左手側にある桟橋の上では、若い男性が二人、仰向けになって寝転んでいた。

波が浜辺にちゃぷちゃぷ当たる音や、木々が風で擦れる音も聞こえてくる。

びーっびーっ、トゥートゥトゥトゥトゥ、ピチュピチュピチュピチュ。鳥の声は、よく聞くと三種類くらいに分かれている。

音が、風が、透明になった身体を通り抜けていく。

そういえば、車の窓を開けて走るのも好きだな。

部屋の窓を開けた時も、タイで窓のない列車に乗った時も、大学のキャンパスまで自転車を漕いだ時も、風が肌を撫でていくと、自分の内側にまで息が通っていくような気がして、心地いい。

仕事場と家との往復で、心が鈍ってきた時、外に出て、呼吸して、そこで見えるもの、聞こえるものに意識をのせてみる。

そうして一旦、心を揺らしてみると、案外すっと、知らず知らず自分の胸に巣喰っていたものが見えてくる気がする。

仕事場から家まで、田沢湖に寄ってから帰ると、遠回りだけれど、実は近道なのかもしれない、と、そんなことを思った。

気がつけば、3時間が経っていた。少し肌寒くなってきたな。次はあったかいお茶と、ノートでも持ってこよう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
なつの

なつの

ひなたエキス田沢湖店店長

最近、秋田県の田沢湖に移住してきて、小さな家を借りて田舎暮らしを始めました。自然に囲まれた毎日の生活がとても楽しくで、すっかり田沢湖がお気に入りです。湖と山がとても近くにあるので、色々な自然体験に挑戦中です!

  1. 山菜初心者の味方 こごみ

  2. 春の訪れと共に芽吹く  ふきのとう

  3. 手間のかかる子ほど可愛い ぜんまい

カテゴリー

RELATED

PAGE TOP

ひなたエキス

ひなたエキスをご購入はこちらから
オンラインストア